ペルティエ素子

Pocket

ワインセラーのペルティエ方式に使われているペルティエ素子。
そもそもペルティエ素子というのは、ペルティエ効果を利用した板状の半導体素子です。

そのペルティエ効果というのは熱電効果の一つで、二つの異なる金属同士を接合して電圧をかけると、接合しているところで熱の吸収、放出が起こるというものです。
簡単にいうと電圧をかけると冷却効果が生まれるというものです。
ペルティエ効果の反対の効果はゼーベック効果といい、温度差を与えて電圧を生じさせます。

ペルティエ素子は、ワインセラーの他にも各種冷却装置に使われています。
医療用の冷却装置やコンピューターのCPUの冷却などです。
フロンガスを使いませんので環境にも優しく、稼動する部分がありませんので、振動がなく静かです。

気を付けるポイントとしては、ペルティエ素子は熱移動を利用していますので、排熱側の充分な冷却が必要です。
排熱側の冷却が十分に行われないと、冷却効果が落ちるだけではなくペルティエ素子自体が破壊されてしまう場合があります。

This entry was posted in ワインセラー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります